個人成績票 活用のポイント


「個人成績票」には、今回の成績や志望校判定の結果だけでなく、学力アップと志望校合格のための情報も紹介しています。(画像は見本です。)



①今回の成績
得点だけでなく、北辰偏差値でも成績を表示。埼玉県の同学年全体の中での位置がわかります。
※北辰偏差値とは、その回の受験者数にかかわらず、埼玉県の同学年全員が受験した場合の平均点を推定し、それを偏差値「50」として、平均よりどれくらい高かったか、低かったかがわかるようにした数値です。くわしく知りたい方は「知りたい! 北辰偏差値のヒミツ」のページをご覧ください。

②志望校判定と合格の可能性
判定は10段階で、合格の可能性の高い順に、安全圏(A3~A1)、合格圏(B3~B1)、努力圏(C3~C1)、要検討(D)で表示。(一部4段階<A、B、C、D>の学校もあります。)私立高校は併願入試(一般入試を含む)での判定です。

③ワンランクアップ
今回のテストであと何点取れていれば、ワンランク上の判定(例:努力圏→合格圏など)になったのかがわかります。

④先輩の入試データ
この高校の合格者・不合格者を、中3のときの北辰テストの成績からみたグラフです。「あなたの位置でどれくらいの先輩たちが合格(不合格)になっているか」に注目してご覧ください。

⑤今回の志望状況
今回のテストでこの高校を「志望した人たち」と「第1志望とした人たち」の成績分布のグラフです。順位も示していますので、同じ高校を志望している人の中での自分の位置がはっきりとわかります。

⑥高校・入試情報
その高校の入試情報や、高校の魅力発見につながる「高校のキャッチフレーズ」も掲載しています。
※高校のキャッチフレーズは表示されない学校もあります。

⑦志望校判定の推移
今回の志望校について、「1回前~3回前のテストで、もしその高校を選んでいたらどんな判定が出たか」がわかります。

⑧今回の成績から見えてくる学校
志望校として選んだ学校以外に、お住まいの地域と今回の成績からみた志望校候補と思われる学校を、最大14校までピックアップしています。判定のランクのほか、高校のキャッチフレーズも表示されます。
※高校のキャッチフレーズは表示されない学校もあります。

⑨学習努力の推移
各回の北辰偏差値の推移をグラフでも表示。教科ごとの推移も示していますので、学力の変動がひと目できめ細かくわかります。

⑩正答率・正答率グラフ
「受験生全体の正答率」と、「自分と第1志望校が同じ人の正答率」を小問別に表示。自分ができなかった問題を他の人はどれくらいできていたかを比較してみることで、自分の強みや弱点が明確になってきます。

⑪「減点のある問題」の割合グラフ
今回出題された問題の中から、「思考力・判断力・表現力等をみる問題」を中心にピックアップして、得点別の人数割合を表示。「満点を取った人はどれくらいいたのか」などがわかります。

⑫まず復習するのは次の問題!
●第1志望に合格するために確実に解けるようにしておきたい問題(赤×)
●この難易度の問題を解けるか解けないかで合否が分かれると考えられる問題(合否を分ける問題)
を表示。「合否を分ける問題」は正答率グラフの表の中に、カラーのラインで示しています。

ページの上へ