志望校判定を受ける高校を考える

◆志望校判定は第1志望から第4志望までの最大4校まで受けられます。

北辰テストの志望校判定は、実際の入試結果(各校の合格者・不合格者が中学3年生のときに北辰テストでどれくらいの成績だったのか)を調査した結果に基づいています。
志望校判定を受ける学校は、テスト当日お渡しする「志望校カードの書き方」の志望高校コード番号表の中から、私立・公立・国立などあわせて4校まで選ぶことができます。毎回違う学校を選んでも構いません。
※志望高校コード番号表にない学校の判定はできません。


◆志望校判定の受け方

【志望高校コード番号表】 ●テスト当日までに…志望校判定を受けたい学校を選んでおきましょう
テスト当日にお渡しする「志望校カードの書き方」の【志望高校コード番号表】を、このページにも、毎回テスト実施日の1週間前から掲載します。判定を受ける学校を、第1志望から第4志望の4校まで選んでおきましょう。



●テスト当日…志望校判定を受けたい学校を「志望校カード」に記入(※画像は見本です)

<記入の仕方>
・テスト当日、志望校カード(マークシート用紙)と「志望校カードの書き方」が座席にセッティングされています。
・「志望校カードの書き方」の志望高校コード番号表で、判定を受けたい学校(学科・コース)のコード番号を第1志望から第4志望まで調べます。
・志望校カードに、判定を受けたい学校(学科・コース)の名前と、調べたコード番号を志望する順番に記入、マークします。
(マークを間違えると、正しい判定が出ません。コード番号に対応する数字(「0」の場合も忘れずに)をていねいにぬりつぶしてください。)
※受験番号のらんも正しく記入・マークしてください。受験番号は受験票で確認してください。



●テスト後…個人成績票に合格の可能性と志望校情報が打ち出されます
A.実際の入試結果から導き出されたデータによる判定と合格の可能性を示します。
B.志望校判定を1ランク上げるには、今回のテストであと何点取ればよかったかがわかります。(判定が安全圏の場合は点数は表示されません。)
C.先輩の入試データのグラフとあわせて見ると、自分の位置でどれくらい合格していたか、不合格だったかがわかります。
D.今回同じ学校をめざす受験者の成績分布・その中での位置だけでなく、第1志望者の中での状況もわかります。

また、高校情報や、その時期に必要な入試情報も紹介します!

E.その回に選んだ志望校について、過去の成績(最大3回前まで)の成績からも判定して表示します。

個人成績票については、「個人成績票 活用のポイント」のページをご覧ください。

※画像は見本です。

ページの上へ